車窓の風景のように毎日がただ通り過ぎていく。

窓の外を眺めながら「違う、違う。これも違う」と現れる風景を後ろに流す。

あるいは、やっきになってくじを引き続けている。「次こそは!」と思って引くけれど

やっぱり外れくじばかりで、それでもくじを引き続ける。

何を待っているのか、どうなったら当たりなのか、誰も正解なんてわからない。

現れた景色を判断せずに、ただ眺めてみよう。どんな色が見える?音や風は?声や匂いは?

くじを引く手を止めてみよう。そんなことしたらいつまでたっても当たりが出ないよ?いやいや、少なくとも外れくじのゴミが増えることはないでしょ。



いつも心に月とヨーガと太陽を。

ヨガ処 つきよみひよみ